離乳食 - 赤ちゃんに安全で良いもの

離乳食 - お勧めの食べ物・食材・栄養素

赤ちゃんにお勧めな離乳食の食材を薬剤師の立場からご紹介します。頭の良い子に育って欲しいという願いを叶える食材、赤ちゃんの肥満防止、食べ過ぎ・食の細い赤ちゃんへの離乳食、下痢・便秘、低体重向けの食材などをご紹介します。

離乳食 - お勧めの食べ物・食材・栄養素記事一覧

頭の良い子に育って欲しい願いを叶える大豆の豆腐を離乳食に


豆腐

離乳食の開始は、赤ちゃんにとっても大冒険であると同時にママも緊張の連続でしょう。食生活の基盤を作るこの時期に食べさせる食材は、きちんと選びたいものです。頭の良い子に育てるために、離乳食に豆腐を摂り入れることをお勧めします。

≫続きを読む

 

脳を活性化するDHAを含む青魚は離乳食後期に刺身の切り身で


魚

青魚は脳を活性化するDHAを含むことで有名ですが、赤ちゃんのレルギー反応を防ぐために離乳食後期に新鮮な刺身の切り身で作ることをお勧めします。また、脳の働きを良くするブドウ糖を含むごはんも離乳食にシッカリと摂り入れましょう。

≫続きを読む

 

離乳食にビタミンB1・亜鉛・チロシンを摂り入れ頭の良い子に


玉ねぎ

第一子の離乳食となれば、ママにとって全てが初体験です。頭の良い子に育って欲しいと願うならば、先にご紹介した大豆、青魚、ごはんに加えて、ビタミンB1、亜鉛、チロシンも、是非とも離乳食に加えていただきたい栄養素です。

≫続きを読む

 

乳児健康診断の太り過ぎ判定は離乳食生活を見直す良い機会


離乳食

ポッチャリして可愛い赤ちゃんと言われるのは気にならないけど、赤ちゃん健診で太り過ぎと診断が下されると落ち込みそうになるママ。ママの気持ちもわかりますが、太り過ぎという診断はしっかりと受け止め解決策を考えなければいけません。

≫続きを読む

 

食べ過ぎ・食の細い赤ちゃんへのそれぞれの離乳食の与え方


離乳食を食べる赤ちゃん

赤ちゃんが食べ過ぎても食が細くても心配です。周りの赤ちゃんを見て、比較して、このままでいいのかと心配になります。これらをきっかけに正しい食生活を乳児の頃から身につけておくと、正しく食事ができる子供に成長しているはずです。

≫続きを読む

 

下痢・便秘時の離乳食にはどんなところに注意をすれば良い?


離乳食

離乳食になってからの便秘、下痢はミルクだけの時とは少し違う感じがして不安です。病院に連れていくほどでもない時の離乳食は、まずは少し前の食事の状態に戻すと良いとよく言われます。他にもどんな注意が必要かお伝えします。

≫続きを読む

 

小さく生れた赤ちゃんの急激な体重増加で生活習慣病になるリスク


離乳食を食べる赤ちゃん

低出生体重児(2500g以下)が増えています。その背景には、赤ちゃんが生まれてくる以前のママの状況と大いに関係があり、深刻な問題です。特にこれから結婚して赤ちゃんを産む人生設計を考えている女性に読んでほしいと思っています。

≫続きを読む

 

低体重で生まれた赤ちゃんと離乳食と生活習慣病の関係


液状の離乳食

生活習慣病、成人病は胎児期、乳児期の栄養状態で素因の約7割が形成され、生まれた後の生活習慣によって発症するとされ、離乳食が非常に重要であることがわかります。成人病になりにくい赤ちゃんを目指すための必要条件をお伝えします。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
便秘 下痢 食欲不振 鼻づまり 発熱 風邪 湿疹・かぶれ アトピー

赤ちゃんネット powered by TrendLead